よっしぃの徒然なるままに・・・

Entries

Visselサポーターはじめました。試合観戦にも行きます。代表も見に行きます。その他もろもろ。

これまでヴィッセルを見てきてJ2降格や監督の解任、選手の移籍やシーズン中の大敗などがありそれなりに免疫は出来ているかと思っていましたが、やっぱりレッズ戦の結果はこたえました。順位はしっかりと下降、今回はひとつだけしか順位は落ちませんでしたが降格圏が近づいてきました。

林暫定監督のコメントからは“ボールを繋ぐ”というのがあったようですが、それにこだわりすぎてしまっていたかのようでした。ポゼッションは確かにヴィッセルが6割強でしたが、シュートは4本。対するレッズが12本だったことを考えるとボールを持つ位置は危険ではない位置だったということですね。

ここまでのヴィッセルの“ポゼッション”は完全に目的となってしまっています。
本来の目的はゴール。そのための手段がポゼッション。いろんなところで言われていますが、ヴィッセルの場合は違った方向になってしまっています。

この試合にはリージョ新監督と三木谷オーナーも視察に来ていたようですが、ヴィッセルの強化プランは見えたでしょうか。
ポゼッションにこだわるあまりにヴィッセルの一番の武器であったカウンターがなりをひそめてしまっています。カウンターがあるからポゼッションも効果的なはずなのに。

次のホームで流れを変えて希望が見えるようにならないと。






_| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _|
↓ ↓ ポチお願いします ↓ ↓

Jリーグ ブログランキングへ

にほんブログ村 トラコミュ ヴィッセル神戸へ
ヴィッセル神戸
↑ ↑ ポチお願いします ↑ ↑
_| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _|

スポンサーサイト
金曜と土曜開催の結果を受けて日曜の試合となったヴィッセル。勝ち点差が縮まってきている中ですぐ下の順位のレッズとの対戦。最近はレッズとの相性が悪いヴィッセルですが、アウェイといえどなんとしても勝って帰ってきてほしい!

スタメンが発表されましたが、吉田監督退任に伴って若干変化が出てきています。はじめてとなるFWウェリントンとFW長沢のスタメン。システムはこれまでの4-3-3なのか4-4-2なのか。デイフェンスの両サイドはDF橋本とDF高橋(峻)に。
DFティーラトンはほぼずっと出ていましたので調整のためでしょう。両サイドの守備がポイントになるからというのもあるでしょう。

アウェイでもチケット販売に効果を発揮していたMFイニエスタですが、今回はサブにもいません。ホームでのアントラーズ戦に備えてということでしょう。

体制が変わっていく中での試合で方向転換中ということもあり、やりにくさもあると思いますが、まずはここまで健闘してくれた吉田監督のために残りのシーズンをたたかってほしいです。
参戦できなかったけど経過を見守ります。






_| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _|
↓ ↓ ポチお願いします ↓ ↓

Jリーグ ブログランキングへ

にほんブログ村 トラコミュ ヴィッセル神戸へ
ヴィッセル神戸
↑ ↑ ポチお願いします ↑ ↑
_| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _|
今シーズンのリーグ戦も残り少なくなってきたところで“残留争い”という文字が目につくようになってきました。ただ今シーズンは近年稀に見るような勝ち点の高い位置での残留争いになっているようです。これもサンフレッチェのひとり勝ちの影響でしょうか?

第26節が金土日の分散開催なので金曜の試合が終わって時点での順位です。
18位・V・ファーレン(24)
17位・ガンバ(30)
16位・レイソル(30)

ここからが結構だんごで勝ち点3差でいえば11位ジュビロまで、勝ち点6差だと8位ヴィッセルまで。ヴィッセルもだいぶリードがあったのですが残留争いが近づいている位置にいます。

上に上がるのは難しく、下がるのが簡単なシーズンになってしまいました。
これもリーグ内の差が縮まってきているからのようです。ヴィッセルは戦力的にはかなりですが、チームとしては戦力ほどのものを出し切れていません。クラブとして大きくかじを切ったというのもありますが、時期的にも悪かったかもしれません。

次のレッズ戦は9位との直接対決で負ければまた順位を下げることになります。その次はアントラーズ戦、V・ファーレン戦と続いていきます。
あの前半戦の勝ち方はどこへ行ったのやら。チームとしての軸が決まっていないのでなおさら難しいのかもしれません。負け続ける訳にはいかない!






_| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _|
↓ ↓ ポチお願いします ↓ ↓

Jリーグ ブログランキングへ

にほんブログ村 トラコミュ ヴィッセル神戸へ
ヴィッセル神戸
↑ ↑ ポチお願いします ↑ ↑
_| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _|

終盤戦のこの時期に体制がかわり監督がかわったヴィッセル。18年シーズンは終わりが見えてきましたが、ヴィッセルの“バルサ化”はまだこれから。そして監督がかわっての次のレッズ戦が重要な位置づけになるでしょう。

吉田監督はシーズン途中での退任となりましたが、選手やサポーターからは感謝の言葉のほうが多かったと思われます。ネルシーニョ監督のあとをついて約1年、変革期のヴィッセルで経験も少ないまま健闘だったと思います。

次の相手レッズ戦でもチケットは早々に完売。レッズ戦の場合は完売と言っても他とはレベルが違うほどにスタジアムが埋まっていることでしょう。ビジターチームのヴィッセルにとっては完全アウェイ状態になりそうです。

下位との順位が詰まってきた今シーズンは1回負けると一気に順位を落としてしまいます。連敗中のヴィッセルはだいぶ順位を落としてしまったのでそろそろ勝ち点を稼いで順位がさがるのを止めないといけません。
以前は比較的相性のよかったレッズですが、ここのところは勝てていません。ボールを繋ぐのもいいのですが、ここは勝つことを重視して以前のようなプレス&ショートカウンターでいくのもひとつの手だと思います。






_| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _|
↓ ↓ ポチお願いします ↓ ↓

Jリーグ ブログランキングへ

にほんブログ村 トラコミュ ヴィッセル神戸へ
ヴィッセル神戸
↑ ↑ ポチお願いします ↑ ↑
_| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _|
ガンバ戦のあとにニュースがあったヴィッセル。今シーズンはいつも以上に話題を作ってくれていますが、残りのシーズンがどうなっていくのかまだわかりません。ヴィッセルとしても今の段階でも手探りなところがありそうです。

ヴィッセルが思い切ったチーム作りを宣言して取り組んでいる“バルサ化”。
どの段階のバルサを目指しているのかが難しいところですが、目指してるのは“アジアNo.1”目標達成の途中に日本でのタイトルがあるということですね。

エルゴラ1809

Jリーグでもスペイン人監督が増えてきている印象を受けます。でもヴィッセルにはすでにスペイン人スタッフもいます。これだけのメンバーがいるわけですが、ヴィッセルはまだまだです。少しずつではありますが力をつけては来ているものの上位には追いつけていない状態。どこまで時間がかかるのやら。。。







_| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _|
↓ ↓ ポチお願いします ↓ ↓

Jリーグ ブログランキングへ

にほんブログ村 トラコミュ ヴィッセル神戸へ
ヴィッセル神戸
↑ ↑ ポチお願いします ↑ ↑
_| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _|

コーユーモノデス♪σ( ̄▽ ̄)ノ[メイシ]

2011Jリーグ特命PR部員 よっしぃさん

ヴィッセル記事

FC2カウンター

COUNTER

カウンター

ブロとも申請フォーム

Copyright © Mr.よっしぃ