よっしぃの徒然なるままに・・・

Entries

Tag : 決勝トーナメント

「目標はベスト4」
「世界を驚かせてやろう」

そういってきた岡田ジャパンの挑戦がついに
終わってしまいました。日本代表にとって
ワールドカップではすべての意味で未知の
世界、そこで目標に手が届くところまで来た
のですが。。。

パラグアイとは守りあいの展開で両チームとも
どこで切り替えるのだろうと見守っていました。
パラグアイの決定的なチャンスも守備陣が
ボールにプレッシャーを与え、シュートコース
をきって対応、GK川島もこれまで通りのプレー
でした。

ただ全体的には日本の選手も言っていましたが
パラグアイのほうが上だったのかなぁと。
ボール運びにしても守備にしても。
得点が入らなかったのは日本の守備が集中して
いたのとちょっと運が足りなかったのでしょう。
守備については日本にセットプレーを与えても
得点させない落ち着きよう。

そして日本、パラグアイとも3人の交代枠を使い
きり今大会初の延長を含めて120分でも決着
がつかずスコアレスのままPKへ。
日本からすれば憲剛をいれて4-2-3-1に
かえたところで得点できなかった
のが痛かった
ですね。



_| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _|


↓ ↓ ポチお願いします ↑ ↑
にほんブログ村 トラコミュ 2010 FIFAワールドカップ 南アフリカ大会へ
2010 FIFAワールドカップ 南アフリカ大会

にほんブログ村 トラコミュ 日の丸を胸に、サッカー日本代表応援TBへ
日の丸を胸に、サッカー日本代表応援TB

_| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _|

スポンサーサイト



決勝トーナメントが始まりましたが最初に
登場したのは “史上最強” “アジア最強”
とも称される韓国代表とウルグアイ。
これまでの対戦成績は圧倒的にウルグアイ
有利なようでしたが韓国もくらいついて
いましたね。

決勝に進んだ韓国代表チームをソウルでは
約30万人が集まっての大観戦だったそうです。
予選リーグに引き続いての大騒ぎでしたね。

先制点はウルグアイ。
注目の選手フォルランのクロスが流れたと
韓国ディフェンスの気が緩んだ瞬間、裏に
飛び出たスアレスのゴール。
韓国らしくない瞬間だったように思えます。

チャンスだったゴール斜め前からのFKも
回転がかかりすぎたのかバー直撃、運も
足りなかったようです。

CKからの1得点もスアレスの2得点でふみ
とどまることができませんでしたね。

日本との対戦時には圧倒的だった韓国も決勝
ではまだ勝ちあがることができませんでした。
韓国の無念さを晴らすのは同じアジア代表の
日本代表
でしょう。南米相手に韓国同様のプレー
で勝ってもらいましょう!



_| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _|


↓ ↓ ポチお願いします ↑ ↑
にほんブログ村 トラコミュ 2010 FIFAワールドカップ 南アフリカ大会へ
2010 FIFAワールドカップ 南アフリカ大会

_| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _|

[ワールドカップ] ブログ村キーワード

いよいよ決勝トーナメントを争う16チームが
決まりました。予選ではいろいろありましたが
・ホームであるはずのアフリカ勢が敗退
・前回決勝戦を戦ったイタリア、フランスが
グループ最下位での敗退
・ヨーロッパ勢が予選をかなり苦しむ

とある意味波瀾を含んだ展開でした。

そのおかげからか韓国、日本のアジア勢が
決勝トーナメントに進むことができました。
ヨーロッパ勢はヨーロッパ以外での開催の
ときには勝てないというジンクスがあるらしい
のでそれに見事なまでにハマりましたね。

さて決勝1回戦は
☆ウルグアイ × 韓国
☆アメリカ × ガーナ
☆オランダ × スロバキア
☆ブラジル × チリ
☆アルゼンチン × メキシコ
☆ドイツ × イングランド
☆パラグアイ × 日本
☆スペイン × ポルトガル


ここでの注目はドイツとイングランド、スペイン
とポルトガルなどもありますがそれよりも
ブラジルとチリ、アルゼンチンとメキシコです。
ブライルとチリは南米予選1位と2位のチーム、
アルゼンチンは南米予選4位、メキシコは
北中米・カリブ予選2位のチーム。
おなじみのチームが対戦することになったの
ですがやりにくくないのでしょうか?

ちなみに南米予選ではブラジルが2勝しています。

ここまできてしまうと最高のプレーが楽しめる
のともうすぐ終わってしまうという両方の気持ち
が出てきてしまいますね。



_| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _|


↓ ↓ ポチお願いします ↑ ↑
にほんブログ村 トラコミュ 2010 FIFAワールドカップ 南アフリカ大会へ
2010 FIFAワールドカップ 南アフリカ大会

_| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _|

朝のニュースから30分以上岡田ジャパン
歴史的な勝利が流れ続けていました。
世界を驚かせる前に日本国内が驚かされ
ましたね。

序盤こそ攻撃的に4-2-3-1で入ったらしい
のでスペースを突かれていましたが、これまでの
4-1-4-1に変更して落ち着きを取り戻し
そのときを迎えました。。。

前半17分本田の直接FKで先制ゴール!!
まるでCLの再現を見ているかのようでした。

そしてゴール前の遠藤の直接FKで追加点!
本田が蹴るものだとばかり思っていたら見事
に裏切られました。今大会では決めるのが難しい
といわれる回転系のキックでのゴールはたいした
ものです。

早めの時間に2点リードしたことにより精神的
にもかなり優位に立って試合を進めることが
できましたね。

試合のところどころに危ないシーンがあり
ましたが運も手伝ってか得点はPKからの1点
にとどまりました。

結果的には3-1での勝利!
まさに岡田ジャパンの集大成とも言えるべき
内容だったのではないでしょうか。
メディアからも絶賛されていたようです。

さて次は決勝トーナメント、パラグアイ戦です。
次の世代のためにも結果も必要かもしれません
が内容にこだわってほしいです。
内容がよければおのずと結果はついてくるものです。




_| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _|


↓ ↓ ポチお願いします ↑ ↑
にほんブログ村 トラコミュ 2010 FIFAワールドカップ 南アフリカ大会へ
2010 FIFAワールドカップ 南アフリカ大会

にほんブログ村 トラコミュ 日の丸を胸に、サッカー日本代表応援TBへ
日の丸を胸に、サッカー日本代表応援TB

_| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _|

[韓国代表] ブログ村キーワード

アジア代表として出場している韓国が最終戦
ひきわけとなり決勝進出を決めてくれました。
同じアジアのチームですので嬉しいですし
日本も韓国に続いてほしいですね。

韓国も決勝進出をかけた試合は夜中の3時
スタート。にもかかわらずパブリックビューイング
では数万人が集まり、赤い集団が声援を
おくっていたそうです。

最初のチャンスをはずして先制されてもなぜか
負ける気がしなかったのでしょうか、いつも通り
の韓国でした。
セットプレーから追いつき、この大会初となる
というFKからの直接ゴール!!
普通に蹴るとボールが浮くそうなのでコツは
優しく蹴る!

結果的には同点とされたものの、2-2で
勝ち点1をとることができグループ2位に。
“史上最強” と称される韓国が決勝でウルグアイ
と戦うことになりました。

日本代表も同じ状態で試合に臨みます。
同じく決勝に行くことができることを願います!



_| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _|


↓ ↓ ポチお願いします ↑ ↑
にほんブログ村 トラコミュ 2010 FIFAワールドカップ 南アフリカ大会へ
2010 FIFAワールドカップ 南アフリカ大会

_| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _|

コーユーモノデス♪σ( ̄▽ ̄)ノ[メイシ]

2011Jリーグ特命PR部員 よっしぃさん

ヴィッセル記事

FC2カウンター

COUNTER

カウンター

ブロとも申請フォーム

Copyright © Mr.よっしぃ